東京都の公立小学校の特別支援教室導入について

東京都の公立小学校の特別支援教室導入について

 

既にご存知の保護者の方も多いと思いますが、平成28年度より、準備が出来た市区町村より順次全ての小学校に特別支援教室が導入されます。

 

当サイトを含め、よく「通級」という言葉を使っておりますが、これは正式には情緒障害等通級指導学級というものですが、これが新たに「特別支援教室」に変更になります。

 

情緒障害等・・・とは、発達障害(高機能自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害等)のことで、知的障害がある児童は支援学級(固定級)となります。

 

現時点での通級は、全ての学校に設置されておりませんので、設置されてない学校の児童は親と共に週に1〜2回、通級学級の設置の小学校まで通うことになりますが、全ての小学校に発達障害の児童が在籍していると推測されるため、在籍校で指導が受けられるようにするため、今回の「特別支援教室」を各小学校に設置し、教員が巡回指導を行うというものです。

 

現在の情緒障害等通級指導学級のデメリット
  • 在籍学級担任と通級指導学級の担当教員の緊密な連携が図りにくい。
  • 他校への移動中は在籍学級での授業が受けられない。
  • 保護者の送迎が必要である。

 

 

新たに設置する特別支援教室のメリット
  • 全ての小学校で実施することで、より多くの児童が支援を受けられる。
  • 在籍校での個別指導や小集団指導を通して、児童の学力や在籍学級における集団適応能力の伸長が図られる。
  • 在籍学級担任と巡回指導教員との連携が緊密になり、指導内容の充実が図られる。
  • 教職員や保護者が指導の内容を知る機会が増え、理解が図られる。

 

特別支援教室が導入されると指導を受けられる時間はどうなるのか?また、在籍校以外で指導を受けることはできるのか?

これまでどおり、必要な時間数の指導を受けることができる。また、基本は在籍校で巡回指導を受けるが、指導上の必要により在籍校以外で指導を受ける方が効果的な場合等は他校の特別支援教室に通うことも可能。

これまでの通級指導学級設置校が拠点校になるのか?巡回指導教員は、週何日、巡回指導に来るのか?

巡回指導の拠点校は、区市町村教育委員会が地域の実情を踏まえ、これまでの通級指導学級設置校に設置する場合や設置校以外の学校に新たに設置する場合がある。巡回する日数は、指導する児童数や時間数等に応じて、学校及び区市町村教育委員会が決定する。

臨床発達心理士等の専門家の巡回があるようだが、専門家に家庭教育の相談はできるのか?

各小学校を巡回する臨床発達心理士等は、基本的には児童に対する指導上の配慮について巡回指導教員や在籍学級担任等への助言を行う役割を担います。ただし、巡回指導教員や在籍学級担任等を通して家庭教育への相談を行うことは可能です。

 
 

現在の通級の担当教員の名称が巡回指導教員と変更になります。
この巡回指導教員が拠点校から各小学校に出向き、在籍学級担任との相談の上、児童の障害の状態に応じた指導を実施します。
また、在籍学級では、指導を受けている児童だけでなく、学級全体の状況を観察し、在籍学級担任に助言等を行います。

 

更に特別支援教室の導入を円滑に行うため、新規に特別支援教室専門員の配置及び臨床発達心理士等の巡回を行います。

 

特別支援教室専門員とは?

巡回指導教員や特別支援教育コーディネーター、在籍学級担任等との連絡調整及び個別の課題に応じた教材の作成、児童の行動観察や記録を行います。

 

臨床発達心理士等とは?

臨床発達心理士・特別支援教育士・学校心理士のいずれかの資格取得者であり、特別支援教室導入校を巡回する。児童の行動観察を行い、障害の状態を把握し、巡回指導教員・在籍学級担任等に指導上の配慮について助言します。

 

ご存知のように近年、通級は非常に人気で、申し込んでも入れない児童も出ていますし、設置校以外の児童は親が送り迎えをしないといけません。比較的自由になる時間がある親でしたら大丈夫でしょうが、仕事をしている人などは送迎は困難で、申し込みしたくてもできないという人も多く、そのような人たちからすると新たな制度は歓迎でしょう。

 

ただ、平成24年度から目黒区、北区、狛江市、羽村市でモデル事業を行っておりますが、既に通級指導学級に通っている親からは不満の声も多く聞かれます。
(人数増加により、教員一人当たりの担当児童の増加、一日当たりの時間数の削減など。)

 

色々なものが見えてきたら、またこちらに情報を追加したいと思います。(平成27年6月7日現在)

 
東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方限定の情報です。

皆さまも既にご存知の家庭教師派遣の企業で【家庭教師のノーバス】というところがあります。

こちらは第一志望校合格率95%!首都圏派遣実績10万人!などの宣伝がされていて、障害のあるお子さんの親である私たちには関係のない企業だと思います。

でもね、実はあまり知られていないと思いますが、こちらの家庭教師の派遣企業は、実は障害のあるお子さんにも優しい企業なんです。

サイトをご覧頂くと、様々なコースの案内がありますが、そこではなく、プラン別の項目をご覧頂くと、「こころの未来」というのがあります。

この「こころの未来」というものは、不登校・ひきこもりの子、LD(学習障害)の子、ADHDの子、自閉症の子を対象とした家庭教師派遣なんです。

不登校の子には不登校訪問専門員の紹介も可能であり、更にはこちらの企業は一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会とも連携をしております。

また、学習障害の子に対しては、まず学習上のつまずきや困難な状況を正確かつ客観的に把握するために、専門スタッフが保護者や子供に対してカウンセリングを行い、ヒアリングをもとに障害をもった子供に対して、どのような学習環境を整えるかということを提案してくれます。

ADHDの子供には、できないことを探すのではなく、できることを探して「本人の良さを認める」。
適した課題や目標を設定し、成功するための道筋を示して「成功体験をたくさん積ませる」。
当然ですが、自尊心を大切にした指導を徹底し、むやみに叱らず、しっかり褒める。

自閉症の子供へは、ありがちな「自閉症だから〇〇」という考えを捨て、子供を多方面から見て、その子の「特性」として把握し、そこから適切な指導を行います。

ここまで書いたことは、サイト上にも書いてあります。冷静な時にこれを読むと、私自身も含めて、「ま、その通りだよね」となりますが、日常生活の中で常に冷静にそのように対応できる人はどれくらいいるでしょうか。

社員やパートとして働きながら家事をするママさん。激務を終えて帰宅したパパさん。色んな人がいます。
私たち親も人間ですから、疲れていればイライラして、ダメだと分かってても怒鳴りつけてしまうこともあるでしょう。
一生懸命、宿題を教えて、さっきはできたのに、同じような次の問題が解けない。どんなに真剣に向き合っても、子供にその気がなくてイライラすることだってあります。

そんな部分を解消してくれる術の一つとして、ご紹介の家庭教師も「あり」なのではないかなと思います。

全てを親が負担するのではなく、分担できるところは分担する。そうすることによって、心に余裕ができて、怖いママ、怖いパパを封印することもできるかもしれません。(私自身が怖いパパでしたから。苦笑)
余裕ができることによって、今以上に良い親子関係が築けるかもしれません。

嬉しいことに、こちらではご要望に合わせてオーダーメイドで資料を作成してくれます。また、入会に至るまでは一切料金は発生しないので、気軽に相談できるんですよね。
また、ありがちな無理な営業や教材の販売等は一切行わないとのことも嬉しい。

試しに資料請求や、無料体験を受けてみるのも良いかもしれません。→家庭教師のノーバス

こちらをご覧の方に少しでもハッピーになるお手伝いができたら嬉しく覆います。